mkk-blog

カナダのビクトリアへ30歳でワーキングホリデーへ。2016年4月~最長1年の予定です。

仕事始まりました。

仕事がいよいよ始まりました。

f:id:mkkblog:20160828053825j:plain

スタバ前でお見かけしたおしゃれパグ氏

(友達が撮った写真)

 

学校が終わる1か月ぐらい前にはレジュメ作って、

最初の応募はオンラインでしました。

いつものe-Mapleさんから。

www.e-maple.net

 

まず家からの最寄りの職場に応募してみたので

もしそこが受かったらそこで働いて、

ダメだったらダウンタウンでレジュメ配ろう。

と思ってたら、家の最寄りの職場でのバイ

一発で受かりました。ありがたいです。

飲食店が良いとか、カフェが良いとか特にこだわりも

なかったのでそちらでお世話になることにしました。

 

 

面接を受けたのが7月の初めころ。

仕事が決まったのが7月の半ば、学校が終わる週で、

お、これは順調だな~と思ったものの

「来月から働いてもらうことになると思います」

と言われてましてオリエンテーションが8月初頭。

実際に仕事が始まったのは8月下旬でした。

1か月ほどのバケーションでした。

そこでニューヨークとホワイトホースへ行きました。

 

 

バイト先はカナダの地元チェーンのスーパーです。

ビクトリアにも数店あります。

個人経営とかじゃなくて大きめの地元企業なので

実際に現場で「採用します」ってなっても

いったん会社のシステムで応募してもらわないと

いけないみたいと言われまして、これがだいぶ

大変でした。まず連絡がすべて電話。

ネイティブなカナディアンからの電話。

 

英語に慣れてない人間からしたら

直接話すのと電話では天と地ほどの差です。

ジェスチャーが使えない。表情も分からない。

何度聞いても分からないときの絶望感。

途中もう何聞かれてるか分からないのに「…Yes」

とか言ってしまったけど何とかなりました。笑

 

仕事前のオリエンテーションは実際に働くとかではなく、

会社の概要の説明を聞いたり、パソコンでテストしたり、

おびただしい数の署名を書いたりしました。笑

他にも同時に別部門に入るカナディアンの奥様たちと

一緒にオリエンテーションだったのです。

もちろん説明はすべて英語。朝から8時間半みっちりだったので、

最初は英語の勉強ー!って思えてたのですが、

もはや午後ぐらいから何聞いても右から左へ状態。

英語のシャワー浴びてるだけではどうしようもないですね。

勉強せねばなってなりました。

 

 

そんなオリエンテーションからも20日ほど開きまして、

ようやく先週から実際に仕事が始まりました!

今はトレーニング期間中です。

トレーナーさんがその時間のシフトの動きを

しながら逐一教えてくれます。

とても優しいけどハッキリとした方。

 

同じ部門の方はほぼ日本人なので、

ほぼ日本語で仕事してるのですが

他の部門の人たちとブースが繋がってるので

挨拶とか雑談とかは英語で全然できます。

チャンス!と思うものの、挨拶ぐらいしか。

自分の英語力と勇気のなさよ…

でも他部門の方たちがとてもフレンドリーな人たちで

ネームプレート見て何度も何度も名前呼んで発音の確認したり、

一発で聞き取れなくても簡単な英語に変えて言ってくれたり

本当に素敵な人たちです。

徐々に話せるようになるといいなぁと。

ここはもう焦らず行きます!

 

仕事自体は1日中やることあって効率的に!

って感じなのでプレッシャーはあります。

でも黙々とやる作業もたくさんあって

細かい作業好きなので内容は向いてるような

気がしてます。単純に楽しいです。

 

ちなみにお給料は一般的なお店は2週に1回現金でもらう

らしいのですが、うちは週に1回口座に振り込まれます。

あと多少の労働組合費が引かれるようです。

レストラン等と違ってまかないもないし、チップもないので

収入的にはあまり多くは見込めないかもだけど、

得るものは多そうだなと思ってます。

しばらく働いてみようと思います。

 

来週からの早朝シフトが少し不安だけど、がんばります。