読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkk-blog

カナダのビクトリアへ30歳でワーキングホリデーへ。2016年4月~最長1年の予定です。

ビクトリアに到着してました

 

f:id:mkkblog:20160417172235j:plain

 

やっと到着した日のこと書き終えました。

到着して3日目。絶賛時差ボケ中です。

昼過ぎとか変な時間にとても眠くなって、

真夜中起きてたりしてます。

学校も始まるので生活リズム整えないと。

 

夕方の17時に日本を発ちまして、

その日の午前10時頃に到着しました。

タイムマシーンみたい。

時差は16時間です。

日本時間マイナス16時間。

 

 

あまりにも余裕こいてたため、

準備がおろそかになってまして

前日まで慌ただしく過ごしました。

余裕を持っての準備大事…。

分かってるけど出来ない自分に

いまだに落ち込みます。

 

新幹線の駅まで母に送ってもらって、

改札までかと思ってたら

大して重くもないバッグ持って

ホームまでお見送りしてくれて。

なので出発までちゃんとデッキに

立ってドアの前で手振ってました。

それっぽいよね 笑

新幹線乗ってからじわっと泣きました。

 

たった1年と言い聞かせていたけど

こちらに着いてすぐにTwitter開いたら

熊本での大地震

嫌でも東日本大震災のこと思い出します。

外国じゃなくても日本のどこかでも

距離が離れてたら同じかもだけど

何かあってもすぐ駆けつけられない

ぐらいの距離にいるんだなぁと

いきなり思い知らされました。

 

 東京着いたあたりでみんなから

いってらっしゃい がんばってねと

TwitterとかLINEとかでたくさん

メッセージもらってまた泣きました。

気を付けてねと言ってもらったけど

みんなもどうか元気でいてね。

 

 

出発前の最後の日本での食事は成田空港で

釜玉うどん食べました。おいしかった。

f:id:mkkblog:20160417171157j:plain

 

エアカナダの到着機材が遅れてるとかで

50分遅れでの出発。

 

横1列が3・3・3の座席で、

絶対足しんどくなるだろうから

少しでも立って歩き回れるように

右側3席の通路側を指定。

バンクーバーまで約8時間半のフライト。

ちょこちょこトイレには立てたけど、

やっぱりしんどかった。

緊張もあるからかほとんど眠れず。

 

 

f:id:mkkblog:20160417172002j:plain

 

出発して1~2時間で夕食。

「Beef or Chicken?」って聞かれたー!

ビーフはヌードル。

チキンはライスでした。

ハッシュドビーフみたいな

美味しいやわらかいビーフ。

ごぼうサラダとチーズケーキ的なもの。

全体的においしかった。

 

 

座席の前に映画観たりゲーム出来る

タッチパネル式のモニターがあって

かなり早い段階でフリーズ。

どうにもこうにも動かず…。

通路挟んだ席の日本人のおじさんの

パネルもフリーズしてて

客室乗務員さんに言ってたので

便乗してリセットしてもらいました。

 

でもなかなか直らず4度目でやっと起動。

乗務員さん日本人のおじさまで

カナダの航空会社だからかゆるめでした。

え!うそ!まだ直らない?

おっかしいな~みたいな 笑

 

その後また1時間もせずに

またフリーズしたのでもう放置。

こればっかりは運ですね。

 

 

到着の1~2時間前に朝食。

さっき夕飯食べた気がするな…?

f:id:mkkblog:20160417172029j:plain

朝食はオムレツかおかゆだったので

オムレツにしました。

チーズソースがおいしかったし、

フルーツも甘かった。

エアカナダの機内食おいしいと思うよ。

 

 

画面フリーズ仲間の

やたら目のキラキラしたおじさんに

どこ行くのー?とか話しかけられて

わたしがCHUMSのバッグ持ってたので

CHUMSのマークはペンギンじゃ

ないんだよという豆知識など

教えてもらってるうちに

バンクーバーへ到着。

ブービーバードって言って、

日本名だとかつお鳥っていうらしい。

 

f:id:mkkblog:20160417171234j:plain

全く知らなかったんだけど先住民

インディアン文化があるらしい。

乗り継いで無事ビクトリアに到着。 

 

いやー!外国来ちゃったー!

 

到着した日は興奮が勝ってたから

ウキウキして楽しかったけど

あまりにも英語分からなくて、

正直学校とか今後住むとこ探しとか

だいぶ不安だらけです。

来ちゃったからには頑張るしかない。

 

その乗り継ぎとか、着いたその日に

衝撃的なことばかり起きまして、

まだまだ書いておきたいことあるので

またそのうち書きますね。